Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
同じ失敗を何度も繰り返す・・・脳内物質の不足が原因(阪大が解明)
 「同じ失敗を何度も繰り返す」人は、脳内物質(セロトニン)の不足に原因があるのだそうです。日本経済新聞12月16日(水曜日)の記事で読みました。
この記事によりますと、セロトニンが不足すると、不利益を被るようなことをした後に、
それを学習して以後避けようとする学習能力が落ちて、時間が経つと忘れてしまい、また同じ失敗を犯してしまう、のだとそうです。
この記事で例にあげられているのは、「多重債務」などの問題ですが、安定した性格の人(セロトニンが不足していない)でも、
三つ子の魂は百まで、という諺があるように、何かのクセやトラウマで、ある事柄に関しては、同じ失敗を繰り返してしまうこともあると思うので、
ケース・バイ・ケースで判断しないといけないですね。ただ、明らかに自分にとって不利益な状況にも関わらず、学習能力がなくて、
色々な面で、何度も何度も同じ失敗を繰り返しがちな人というのは、セロトニン不足を疑った方が良さそうです。
阪大で行われた実験部分を引用すると、
「(実験の)ゲームは、画面上の図形2つのいずれかを選ぶもので、選んだ図形に応じて賞金が得られたり、罰金を支払ったりする。
図形と賞罰の関係は知らされておらず、試行錯誤して学習し、手元の金額を増やすルールに設定した。」とあります。
この実験により、22歳〜25歳の男性21人を対象に、セロトニン量と学習の関係をした、とのことです。
結果は、賞金が得られるケースではセロトニン量に関係なく学習できたようですが、罰金を支払うケースでは、図形を選んでから結果が分かるまで約10秒かかる場合に、
セロトニンが少ないときちんと学習できていなかった、とのです。
とても興味深い実験結果ですね。脳内の物質が不足しているのだから、そばにいる人が口やかましく言っても改善しない、というのは頷けます。
またこの記事によると、賞金が得られるなど、プラスの循環にある人は、セロトニン量に関係なく学習する力があるようです。
一端マイナスの循環に転じた時にどうするか。体の内側の問題、脳内物質の問題も考えてみた方が、早く解決する人もいる、ということを、とてもわかりやすく書いてくれている記事だと思います。
| 川田泰山 | 22:01 | - | - | pookmark |
人は血管とともに老いる
人が年をとり血管の機能に障害が起きると、これが引き金となり、血管が固く、もろくなります。
弾力性を失った血管は、まるで古くなったゴムのタイヤのようにひび割れ、ボロボロになったりします。動脈硬化、狭窄の始まりです。
もし、脳や心臓など大切な臓器の血管で動脈硬化、狭窄が起きるとどうなるでしょうか?
脳梗塞・狭心症・心筋梗塞となり、命さえ脅かされます。助かったとして、後遺症のせいでその後の生活の質(QOL)が一変する人も少なくありません。

「人は血管とともに老いる」と言います。
年をとると全ての人が血管が固く、もろくなるのかというとそうとも限りません。
高血圧、糖尿病、脂質異常症(平成19年4月より高脂血症改め)、喫煙、肥満がある人は血管を痛めるリスクが飛躍的に増してきます。
死に直結はしませんが、徐々に、そして確実に血管を痛め健康をむしばんでいきます。
サイレントキラー(沈黙の殺し屋)と言われるのも納得です。メタボリッシンドロームが何故いけないのかも頷けます。
日本人の死亡原因の第軌未蓮峇癲廖第2位が「脳梗塞、脳溢血等の脳血管障害」第3位が「心筋梗塞」となっています。
第4位に肺炎です。抗生物質が世の中に出て以来、感染症は激減したのに・・・と不思議な感じがいますが
老人性肺炎は上位死因の1つになっています。
物を飲み込む際に働く脳の反射中枢神経付近の血管障害のため、飲み込み反射が悪くなり、誤嚥(誤って、気管の方に食べ物や飲み物
、唾液が飛びこむ)がおきます。唾液の中には多くの口腔内雑菌が住みついているので、これらの雑菌が唾液とともに呼吸器に入り、
体力の弱まり、免疫力の低下とあいまってとともに肺炎を起こす事になります。いずれの場合でも血管系の障害が引きおこす病気です。
致命的な病気をおこすことなく、健康的に日々を送るためには、何が効果的なのか、を知るが大事と言えるでしょう
従来は単に血液を全身に運ぶパイプと考えられていた血管が実に多彩な働きを果たしていることが、近年分かってきました。

血管の構造と働き血管は内膜、中膜、外膜といった三層の膜さらに平滑筋細胞などで形成され、ここに神経が分布し血管を広げたり、縮めたりしています。
血管の一番内側には血管内皮細胞という一層の薄い細胞の膜でおおわれ、中側をツルツルの滑らかな状態にしています。もしこのツルツル
の壁に傷がつくと、この傷を修復するため、血小板が素早く集まり血栓を作ります。このような事が起こると、血液の流れは障害され、
血の流れが悪くなりますます。こうなると困るので
血管内皮は一種のホルモンのような働きをする物質を分泌し、血管の機能をコントロールしていることがわかってきています。
エンドセリンや、一酸化窒素(NO エヌオ)、プロスタサイクリンなどです。
ホルモンは生体がバランスよく活動するために必要で、活動のバランスが崩れる事が、いろいろ病気の原因となります。
血管内皮の働きとしては
 1 血管内の血液を固まらせない働き (血栓を作らない)
 2 周囲の平滑筋の収縮、弛緩をコントロールしている (血圧の上下に関与)
 3 血管の形状を変える物質を分泌することで、血液中の血液細胞(赤血球、白血球など)や血管壁細胞が増殖遊走(増えたり、出てきたりするのを)
  を調節し、血管周辺におこる炎症をコントロールする。
 このように重要な血管内皮の働きがもし損なわれると、血液中の白血球、単球(マクロファージ)に変化がおこり、
 これらの細胞群が障害部位に集まります。このことが引き金となり、内皮や平滑筋細胞に増殖がおこり、いわゆる動脈硬化になります。
動脈硬化防止には、まず発展血管内皮細胞の働きが健全である事、内皮細胞を痛める原因を除くことが大事です。
活性酸素と血管中を流れている血液中の脂肪や糖に注目することも大事です。
糖尿病が怖いのは、血管を砂糖ずけ状態にするからです。
砂糖ずけ状態の血管は、活性酸素により糖化し、ガチガチに固くなります。まず細い血管(目、腎臓の)次いで太い血管(心臓、脳の)
痛みます。
血液の流れは悪くなり、全身の細胞や組織が酸素、栄養不足になり、活動が出来なくなります。本来果たすべき役割を果たせなくなる
状態に追い込まれます。糖尿病、高血圧、脂質異常は死の四重奏と言われ、重大な病気を引きおこす前触れの病気と言われいます。
こうした病気の特徴は急激に起こるのではなく、何年にも何十年にもわたる生活習慣の積み重ねが引きおこします。
生活習慣病と言われるゆえんです。
生活習慣病はまだ、未病の状態に治すことが肝要で、健康に悪い生活習慣を見直すことで改善できます。まだまだ間にあいますよ!!
| 川田泰山 | 16:20 | - | - | pookmark |
私たちの体を守るシステムー免疫ー
免疫、それは文字どおり「疫を免れる」という言葉です。
古来から人々の恐怖の的であった疫病(流行病=伝染病)から免れることを指します。
いろいろの抗生物質が出来た今日、私たちは感染症の脅威から一見解放されたようにも思われます。
しかしそれは甘い幻想に過ぎず、まだまだ未知の微生物やウイルスが多く存在する。私たちが知らないだけなのだという事が、聞きなれない病気の発生のニュースを聞く度に思い知らされます。眼に見えない小さな生き物 (微生物)がいたるところに居るところで、私たちヒトも生きている訳です。
もしも、私たちの体に免疫というシステムがなかったらどうなるでしょう?
やすやすとこれらの微生物は、より良い環境を求め、私たちの体内に侵入しそこで、仲間を増やそうとします(感染と増殖
ところがそういう環境下に居ても,等しく皆が病気を発症するかというとそうとも限りません。
同じ環境下、同じ食べ物を口にしても、なんともない人、ちょっとだけ症状の出る軽症の人、がいるかと思うと命を落とすほど重体に陥る人など、症状は様々です。一体その差はどこにあるのでしょう?
私たちの体にはこうした外敵の侵入を許さない。もし侵入しても見逃さないシステム、免疫のシステムが備わり、常に外敵の侵入を許さない体制をとり、監視してくれています。そのおかげで安心して普通の生活がおくれるとも言えます。
簡単に病気に罹りやすい人は、この免疫のシステムがうまく働かない。免疫力が弱いと言う事になります。

”免疫の仕組”
私たちを守ってくれる免疫の働きは、どこが担ってくれているのでしょう。体表面を覆う皮膚がバリアーの働きをし侵入を許さない体制をとっています。ところが、皮膚でおおわれていない箇所(口、眼、鼻、耳、排泄器など)これらからは比較的たやすく侵入してきます。上気道感染下道感染です。
それでは困るため唾液、涙、鼻汁、粘液などの分泌物を豊富にし、外敵に備えています。
それらにも増して、強力な免疫スタッフは白血球系の細胞です。単に白血球と一口で言いますが、多くの種類があり、能力・役割も違います。
それぞれが役割分担し、複雑な連携プレーを行うことで、免疫ネットワークを形づくられ、私たちの体を外敵から守ってくれています。
白血球系の働きが弱い場合、免疫の働きが弱くなり、いろいろな病原菌に感染しやすくなったり、いろいろの病気を発症しやすくなります。
免疫の弱まりは「自己の細胞からうまれる癌細胞、内なる敵」を、排除出来なくなり見逃してしまい「癌になる」事などその典型例です。

”免疫を担う仲間たち”
白血球系リンパ球系の2種類に大別されます。
白血球系には顆粒球と言って活性酸素で侵入してくる細菌やウイルスを撃退する好中球好酸球好塩基球
リンパ球には T細胞,B細胞、単球(マクロファージ)などがあり、またそれぞれにヘルパーT細胞、キラーT細胞といった風にその他、実に多彩にな細胞を揃えています。

”ネットワークを例に揚げると”
   “乕罎箒表蠅貿枌屬気譴討い襯泪ロファージや好中球が異物を片っ端から食べてやっけてくれます。
   異物を食べてやっつけたマクロファージは敵の情報を分析し、免疫システムの司令官ともいえるヘルパーT細胞に敵の情報を伝えます。
   司令官のT細胞はマクロファージがもたらした敵の情報をもとに各細胞に動員指令を出します。
   い海了慘瓩鮗けたB細胞は抗体というミサイルを準備し、これを敵に発射する。又別のキラーT細胞は(殺し屋)体当たりで敵をやっけます。
   ィ尊挧Δ呂海Δ靴薪┐凌入をどのような敵が侵入したのか、種類を長く記憶し、再度の侵入にスタンバイしています。免疫を獲得したと俗に言われる状態です。
  こうした一連の反応には、インターフェロンやサイトカインが仲立ちをして、それぞれの細胞を元気ずけ、夫々の役割、仕事を開始するよう働きかけます。こうして動員された各種の細胞は活性酸素、種々のサイトカインを放出し炎症を引き起こします」。その結果、局所が赤くはれ上がったりし、痛みも伴うようになります。権益細胞が私たちの体を守り闘っている証拠でもあるのです。こうした免疫系の細胞を元気づける性質(非特異的免疫賦活剤)で有名なのがキノコの仲間です。カワラタケ、シイタケ、スエヒロタケなど 免疫系を賦活(元気ずける)ことで癌の増殖を抑える薬として実際に、使われているぐらいです。ほかにアガリスクなどキノコの仲間はどれも免疫力を高めるといわれています。

毎日の食生活にキノコ料理を取り入れると良いかもしれませんね!!きのこオレンジ
| 川田泰山 | 16:19 | - | - | pookmark |
風邪とインフルエンザ
今年も、冬到来とともに風邪・インフルエンザの流行の季節が近づきました。結晶結晶
特に新型インフルエンザ(トリインフルエンザ)が人に感染するのが非常に恐れられています。
インフルエンザには、タミフル等のいくつか抗インフルエンザ薬が使えるようになった事も朗報です。
しかしタミフル使用の子供を中心にした異常行動の多発がマスコミ報道させています。
厳密に言うと風邪インフルエンザは原因も病原菌も症状も違います。
風邪は私たちにごく身近な病気です。くしゃみ、鼻水がでる、咳が出る、熱ぽいな、ちょっと体の調子が悪い等いろいろです。
「オヤ、風邪かな」と思う人は多いと思います。実際そんな人でも風邪について良く知らない。また特にインフルエンザと風邪とを混同している方が多いのではないでしょうか?

風邪の原因は疲れや、寒さなどで体の免疫力の低下しているとすかさずウイルス(細菌よりさらに小さいサイズ nm ナノの世界)が鼻やのどに初めに感染し、さらに細菌が感染し風邪症状(くしゃみ、鼻水、咳、たん)がでてきます。

インフルエンザはインフルエンザウイルスというウイルスが引き起こし、感染力も強く普通の風邪とまた別に考える必要があります。いきなり39〜40℃の発熱、が起こるのが特徴です。

”風邪の症状は微生物との戦いのあかし”

冬は、空気が乾燥し、寒さで喉を痛め易い気候になっています。そこへ、疲れ、栄養不良などで体の抵抗力.免疫力を低下させていると風邪のウイルスや細菌につけこまれます。私たちの体の鼻やのどの粘膜には腺毛があり、この運動により、微生物や異物の侵入を防いでくれています。
ところが寒いところにいて冷たい空気を吸い込むと鼻やのどの粘膜の血管が収縮し、腺毛運動が鈍くなります。やすやすと異物や微生物の侵入を許すようになります。

そこで体はこれらの侵入を排除するようにくしゃみ(風圧で吹き飛ばす)鼻水(鼻汁で外へ追い出す)さらに発熱によってマクロファージ好中球などの白血球系の細胞を動員し、外敵に抵抗しようとします。マクロファージが出すIL−1(インターロイキン1)というサイトカインが脳の体温中枢に働いて体温を上げてくれるよう指令するからです。

37℃位の熱が出ると、血行が活発になり、腺毛運動にも元気が出て来て、細菌やウイルスを外に追い出そうとする戦う力が増してきます。のどが赤くはれたり、熱で顔がほてったりします。微生物と闘うための炎症反応が起きている証しです。

よく風邪をひくと黄色い痰や鼻汁だでます。これらの中には細菌と戦った好中球の死骸がたくさん見られます。風邪の諸症状は、風邪を治そうとする体の目的に適う反応などです。そのような時に、安易に熱を下げる事は、免疫本来の働きを妨げることになります。体を温め、汗を出すことが大事です。
昔から温かい食べ物(たまご酒やひち味の効いたうどん、葛湯)で風邪を撃退していたことも目的に適ったやり方だなと頷けます。

”感染と発症”

病原微生物に感染するのと、病気を発症し症状が出るのとは違います。
私たちも周りには無数の病原微生物がウヨウヨいますが、体の免疫力が元気で健全であれば何も恐れる必要はありません。病気と闘い、撃退してくれます。病原菌と体の抵抗力(免疫力)との力関係です。病原微生物の勢力が強い、あるいは体の抵抗力(免疫力)が弱いと発症します。免疫力を弱らすことこそが問題です。

免疫を高める食べ物、適度な運動、睡眠、そして何よりもストレスをため込まない事が大切です。

風邪やインフルエンザは無論、生活習慣病、癌などにかからないよう監視(見張り役)をしてくれています。
| 川田泰山 | 23:08 | - | - | pookmark |
メタボリックシンドローム
平成20年4月から政府は「生活習慣病に着目した健康診断と保健指導の義務化」を制度として取り上げることになりました。
40歳以上の健康診断でおなか回り、ウエスト測定が義務づけられました。皮下脂肪型の肥満ではなく、内臓のまわりに脂肪がたまる内蔵型肥満はウエスト周りの測定で判断します。男性で85cm以上、女性で90cm以上です。
内臓の周りに脂肪が多くたまる内蔵型肥満は糖尿病、高血圧、高脂血症(現在は脂質代謝異常症)高尿酸血症などの生活習慣病を合併し動脈硬化を起こしやすくなります。
ひいては心筋梗塞、脳血管障害を引き起こします。この2つで日本人の死因1位のがん死に同じになります。お腹のでっぱったリンゴ型肥満=内臓型肥満(出っ張ったお腹は丁度、リンゴのように真なか、)の方は注意が必要です。
生活習慣病が起こる前提に内臓肥満型のタイプが多い。この関係を総合的に捉え考えようというのがメタボリックシンドローム(内臓肥満症候群)の考えです。
これまで脂肪は飢餓のときエネルギー源となる、また皮下や内臓での脂肪は体を衝撃から守るクッションの役割を果たすと考えられていました。所が脂肪組織は」、様々な生理活性成分を供給する人体最大の内分泌臓器(ホルモンを分泌する臓器)と考えられるようになりました。「アディポサイトカイン」といい、コレステロールと同じように善玉と悪玉といった種類に分けられます。アディポネクチンはいわゆる善玉アディポサイトカインでインスリンの働きを活性化し、動脈硬化を防ぎます。正常な肥満していない小型の脂肪細胞から分泌され、悪玉アディポサイトカインは殆ど分泌されません。
逆に肥満し肥大化した脂肪細胞から悪玉アディポサイトカインが分泌されます。
メタボリックシンドロームはこの悪玉アディポサイトカインのせいで、この悪玉を分泌するのが内臓脂肪型肥満というわけです。
では善玉、悪玉アディポサイトカインにはどんなものがあり、どのように働いているのでしょうか?

○ 善玉アディポサイトカイン:動脈硬化抑制作用

レプチン・・肥満の見張り役

食事からとった脂肪の量を脳の満腹中枢に伝え、食欲を抑え、同時に交感神経を刺激しエネルギー代謝を活発にし、肥満にならないようにしています。

アディポネクチン・・・痛んだ血管の壁を修復し動脈硬化をふせぎます。インスリン抵抗性を改善(2型糖尿病の人はインスリンに対する感受性が低下インスリンの効き目が悪くなり、糖を組織に取り込みにくくなり、血液中の糖=血糖が高くなります。インスリンの感受性を良くする)

○ 悪玉アディポサイトカイン

PAI-1(パイ1)
P=プラスノーゲン、A=アクチベータ、I=インヒビター

血液中で血小板(血液を固める働き)と結びついて出血箇所を治します。
但し、過剰な分泌は血栓(血の塊)を作りやすくし、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

TNF-F(腫瘍壊死因子)

大型の脂肪細胞から分泌され、インスリンの働きを悪くさせ、インスリン抵抗性を引き起こします。高血糖になる。2型糖尿病傾向の人はますます症状が悪くなります。善玉アディポサイトカイン、アディポネクチンと逆の働きをします。

アンジオテンシノーゲン

血管を収縮させて、血圧を上昇させます。

内臓型脂肪はこれらの悪玉アディポサイトカインを分泌することで、血糖値や血圧を高く、動脈を痛めていきます。太りすぎは健康にイエローカード。
レッドカードになる前に予防しましょう。


| 川田泰山 | 20:18 | comments(30) | trackbacks(0) | pookmark |
心の動きは脳内神経伝達物質の働きによる事が判明
快感も不安といった私たちの感情も脳内物質のはたらきによって生み出される

脳の中には何種類もの脳内物質があります。それにはどんなものがあるでしょうか?  50種類以上の神経伝達が確認されていますが、その働きが分かっているのは約20種類ほど。代表的なものにドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン(5―HT)、アセチルコリン、グルタミン酸などがありそれぞれの役割を持って精神活動に深くかかわっています。
たとえば快感に関与する「ドーパミン」 が分泌されると活動的、意欲的になり、多幸感 (ハイな感じ)になります。恐怖や驚愕など強いストレスを受けると、「ノルアドレナリン」が分泌され、闘争心が起きるなどします。
何らかの刺激を受けると、その刺激により特定の脳内物質が神経細胞の間に分泌され刺激が次の神経細胞につたえられます。こうした刺激(情報)はつぎつぎ、脳内に張り巡らした神経の(ネットワークで脳内につたえられ、不安や怒り、喜びや悲しみといった感情がひきおこされます。喜怒哀楽に富む豊かな感情表現が可能になり、同時に体のバランを保っています。
ところが,許要能力を超える強い刺激(ストレス)にさらされと、神経伝達物質の分泌のバランスが乱れ、様々な病気が引き起こされます。
心の病として不安症 気分障害(旧病名 うつ病・躁うつ病)、統合失調症(旧病名 精神分裂病)などが挙げられます。
心の病は同時に体の不調となって現れ、不眠、不安、イライラ、元気が出ない、意欲がわかない、何もしたくない等症状を引き起こします。

代表的な神経伝達物質
   
◎ドーパミンの働き
大脳基底核(脳の深い部分)の線条体という部位に多く、運動の制御や睡眠や気分、意欲、認知、思考など。食欲ややる気が満々。分泌が少なくなって起こる代表的な病気が、パーキンソン病。
立ちあがったり、歩いたり、などの運動が出来にくなります。万事反応が鈍くなり集中力、注意力も失われていきます。次第に人との交わりも嫌いになり社会から離れていくようになります。
では多いと良いかというと必ずしもそうではありません。
ドーパミンに反応する神経の感度がたかくなりすぎ、神経活動が「過覚醒」になり小さな刺激に敏感になり、注意力が乱れ、思考力が低下します。
発言や運動もコントロール出来なくなり(チック症)変な事をしたり、口走ったりする、幻覚や妄想なども起きてきます。不必要と分かっていても同じ行動を繰り返す脅迫神経症にもなったりもします。
◎ノルアドレナリンの働き
脳幹部の橋(きょう)と延髄に多く睡眠や目覚め、不安、情動、意欲などにかかわります
恐れや驚きなど強いストレスにさらされると、ノルアドレナリンが分泌され、闘争か逃避状態をひきおこします。長期間回避不能のストレスにさらされるとノルアドレナリンの使用が体内での合成を上回り次第に分泌が減ってきます。体はこの現象に対抗するため、少ないノルアドレナリンでも感受性を持つようになり、些細な刺激 (普通は反応しなくても良い刺激) 反応し、過敏に攻撃したり、興奮、逃避したりするようになります。
◎セロトニン(5-HT、5ヒドロキシトリプタミン)
トリプトファンという必須アミノ酸(体の中では作られない、食物からとる必要があり)から作られる神経伝達物質。90%は小腸粘膜の細胞に存在し、小腸の平滑筋に働いて、蠕動運動を活発にします。脳と消化器が同じセロトニンでコントロールされているのは驚きです。お腹を小さな脳(Small brain)、脳の事をBig brainというのも頷けます。
近年、このセロトニンが注目されています。
他の神経伝達物、ドーパミンやノルアドレナリン等の情報をコントロール。
精神を安定化し平常心をもたらします。心や体に「安らぎ」を与えてくれます。
セロトニンは代謝を経て、メラトニンという、睡眠リズムをつくる物質にもなるので心と体が落ち着きます。
セロトニン不足はストレス刺激を強く感じ、感情にブレーキがかかりにくくなり平常心を失わせます。不安感やうつ状態になったりします。
近年よくキレるという言葉を聞きますが、「衝動的にキレる症状」もセロトニンが深く関わっています。
セロトニンの再取り込みを選択的に抑制するSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) 
セロトニン、ノル。アドレナリン再取り込みを抑制する働きSNRI(セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)は脳内のセロトニンやノルアドレナリンを増やして抗うつ効果を示す薬。うつ病のほかにもパニック障害や強迫神経症、社会不安障害などにも用いられます。
こうしたセロトニンは太陽の光が刺激となり、分泌が高まります。ヒ必須アミノ酸のトリプトファンから作られますので、お肉や乳製品、赤みの魚(カツオ、マグロ、など)大豆、大豆加工食品、ゴマ、に多くふくまれています。

夜型の不規則な生活、アンバランスな食生活はセロトニンの分泌を低下させますよ!!






| 川田泰山 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |