Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
同じ失敗を何度も繰り返す・・・脳内物質の不足が原因(阪大が解明)
 「同じ失敗を何度も繰り返す」人は、脳内物質(セロトニン)の不足に原因があるのだそうです。日本経済新聞12月16日(水曜日)の記事で読みました。
この記事によりますと、セロトニンが不足すると、不利益を被るようなことをした後に、
それを学習して以後避けようとする学習能力が落ちて、時間が経つと忘れてしまい、また同じ失敗を犯してしまう、のだとそうです。
この記事で例にあげられているのは、「多重債務」などの問題ですが、安定した性格の人(セロトニンが不足していない)でも、
三つ子の魂は百まで、という諺があるように、何かのクセやトラウマで、ある事柄に関しては、同じ失敗を繰り返してしまうこともあると思うので、
ケース・バイ・ケースで判断しないといけないですね。ただ、明らかに自分にとって不利益な状況にも関わらず、学習能力がなくて、
色々な面で、何度も何度も同じ失敗を繰り返しがちな人というのは、セロトニン不足を疑った方が良さそうです。
阪大で行われた実験部分を引用すると、
「(実験の)ゲームは、画面上の図形2つのいずれかを選ぶもので、選んだ図形に応じて賞金が得られたり、罰金を支払ったりする。
図形と賞罰の関係は知らされておらず、試行錯誤して学習し、手元の金額を増やすルールに設定した。」とあります。
この実験により、22歳〜25歳の男性21人を対象に、セロトニン量と学習の関係をした、とのことです。
結果は、賞金が得られるケースではセロトニン量に関係なく学習できたようですが、罰金を支払うケースでは、図形を選んでから結果が分かるまで約10秒かかる場合に、
セロトニンが少ないときちんと学習できていなかった、とのです。
とても興味深い実験結果ですね。脳内の物質が不足しているのだから、そばにいる人が口やかましく言っても改善しない、というのは頷けます。
またこの記事によると、賞金が得られるなど、プラスの循環にある人は、セロトニン量に関係なく学習する力があるようです。
一端マイナスの循環に転じた時にどうするか。体の内側の問題、脳内物質の問題も考えてみた方が、早く解決する人もいる、ということを、とてもわかりやすく書いてくれている記事だと思います。
| 川田泰山 | 22:01 | - | - | pookmark |
心の動きは脳内神経伝達物質の働きによる事が判明
快感も不安といった私たちの感情も脳内物質のはたらきによって生み出される

脳の中には何種類もの脳内物質があります。それにはどんなものがあるでしょうか?  50種類以上の神経伝達が確認されていますが、その働きが分かっているのは約20種類ほど。代表的なものにドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン(5―HT)、アセチルコリン、グルタミン酸などがありそれぞれの役割を持って精神活動に深くかかわっています。
たとえば快感に関与する「ドーパミン」 が分泌されると活動的、意欲的になり、多幸感 (ハイな感じ)になります。恐怖や驚愕など強いストレスを受けると、「ノルアドレナリン」が分泌され、闘争心が起きるなどします。
何らかの刺激を受けると、その刺激により特定の脳内物質が神経細胞の間に分泌され刺激が次の神経細胞につたえられます。こうした刺激(情報)はつぎつぎ、脳内に張り巡らした神経の(ネットワークで脳内につたえられ、不安や怒り、喜びや悲しみといった感情がひきおこされます。喜怒哀楽に富む豊かな感情表現が可能になり、同時に体のバランを保っています。
ところが,許要能力を超える強い刺激(ストレス)にさらされと、神経伝達物質の分泌のバランスが乱れ、様々な病気が引き起こされます。
心の病として不安症 気分障害(旧病名 うつ病・躁うつ病)、統合失調症(旧病名 精神分裂病)などが挙げられます。
心の病は同時に体の不調となって現れ、不眠、不安、イライラ、元気が出ない、意欲がわかない、何もしたくない等症状を引き起こします。

代表的な神経伝達物質
   
◎ドーパミンの働き
大脳基底核(脳の深い部分)の線条体という部位に多く、運動の制御や睡眠や気分、意欲、認知、思考など。食欲ややる気が満々。分泌が少なくなって起こる代表的な病気が、パーキンソン病。
立ちあがったり、歩いたり、などの運動が出来にくなります。万事反応が鈍くなり集中力、注意力も失われていきます。次第に人との交わりも嫌いになり社会から離れていくようになります。
では多いと良いかというと必ずしもそうではありません。
ドーパミンに反応する神経の感度がたかくなりすぎ、神経活動が「過覚醒」になり小さな刺激に敏感になり、注意力が乱れ、思考力が低下します。
発言や運動もコントロール出来なくなり(チック症)変な事をしたり、口走ったりする、幻覚や妄想なども起きてきます。不必要と分かっていても同じ行動を繰り返す脅迫神経症にもなったりもします。
◎ノルアドレナリンの働き
脳幹部の橋(きょう)と延髄に多く睡眠や目覚め、不安、情動、意欲などにかかわります
恐れや驚きなど強いストレスにさらされると、ノルアドレナリンが分泌され、闘争か逃避状態をひきおこします。長期間回避不能のストレスにさらされるとノルアドレナリンの使用が体内での合成を上回り次第に分泌が減ってきます。体はこの現象に対抗するため、少ないノルアドレナリンでも感受性を持つようになり、些細な刺激 (普通は反応しなくても良い刺激) 反応し、過敏に攻撃したり、興奮、逃避したりするようになります。
◎セロトニン(5-HT、5ヒドロキシトリプタミン)
トリプトファンという必須アミノ酸(体の中では作られない、食物からとる必要があり)から作られる神経伝達物質。90%は小腸粘膜の細胞に存在し、小腸の平滑筋に働いて、蠕動運動を活発にします。脳と消化器が同じセロトニンでコントロールされているのは驚きです。お腹を小さな脳(Small brain)、脳の事をBig brainというのも頷けます。
近年、このセロトニンが注目されています。
他の神経伝達物、ドーパミンやノルアドレナリン等の情報をコントロール。
精神を安定化し平常心をもたらします。心や体に「安らぎ」を与えてくれます。
セロトニンは代謝を経て、メラトニンという、睡眠リズムをつくる物質にもなるので心と体が落ち着きます。
セロトニン不足はストレス刺激を強く感じ、感情にブレーキがかかりにくくなり平常心を失わせます。不安感やうつ状態になったりします。
近年よくキレるという言葉を聞きますが、「衝動的にキレる症状」もセロトニンが深く関わっています。
セロトニンの再取り込みを選択的に抑制するSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) 
セロトニン、ノル。アドレナリン再取り込みを抑制する働きSNRI(セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)は脳内のセロトニンやノルアドレナリンを増やして抗うつ効果を示す薬。うつ病のほかにもパニック障害や強迫神経症、社会不安障害などにも用いられます。
こうしたセロトニンは太陽の光が刺激となり、分泌が高まります。ヒ必須アミノ酸のトリプトファンから作られますので、お肉や乳製品、赤みの魚(カツオ、マグロ、など)大豆、大豆加工食品、ゴマ、に多くふくまれています。

夜型の不規則な生活、アンバランスな食生活はセロトニンの分泌を低下させますよ!!






| 川田泰山 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |