スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
同じ失敗を何度も繰り返す・・・脳内物質の不足が原因(阪大が解明)
 「同じ失敗を何度も繰り返す」人は、脳内物質(セロトニン)の不足に原因があるのだそうです。日本経済新聞12月16日(水曜日)の記事で読みました。
この記事によりますと、セロトニンが不足すると、不利益を被るようなことをした後に、
それを学習して以後避けようとする学習能力が落ちて、時間が経つと忘れてしまい、また同じ失敗を犯してしまう、のだとそうです。
この記事で例にあげられているのは、「多重債務」などの問題ですが、安定した性格の人(セロトニンが不足していない)でも、
三つ子の魂は百まで、という諺があるように、何かのクセやトラウマで、ある事柄に関しては、同じ失敗を繰り返してしまうこともあると思うので、
ケース・バイ・ケースで判断しないといけないですね。ただ、明らかに自分にとって不利益な状況にも関わらず、学習能力がなくて、
色々な面で、何度も何度も同じ失敗を繰り返しがちな人というのは、セロトニン不足を疑った方が良さそうです。
阪大で行われた実験部分を引用すると、
「(実験の)ゲームは、画面上の図形2つのいずれかを選ぶもので、選んだ図形に応じて賞金が得られたり、罰金を支払ったりする。
図形と賞罰の関係は知らされておらず、試行錯誤して学習し、手元の金額を増やすルールに設定した。」とあります。
この実験により、22歳〜25歳の男性21人を対象に、セロトニン量と学習の関係をした、とのことです。
結果は、賞金が得られるケースではセロトニン量に関係なく学習できたようですが、罰金を支払うケースでは、図形を選んでから結果が分かるまで約10秒かかる場合に、
セロトニンが少ないときちんと学習できていなかった、とのです。
とても興味深い実験結果ですね。脳内の物質が不足しているのだから、そばにいる人が口やかましく言っても改善しない、というのは頷けます。
またこの記事によると、賞金が得られるなど、プラスの循環にある人は、セロトニン量に関係なく学習する力があるようです。
一端マイナスの循環に転じた時にどうするか。体の内側の問題、脳内物質の問題も考えてみた方が、早く解決する人もいる、ということを、とてもわかりやすく書いてくれている記事だと思います。
| 川田泰山 | 22:01 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:01 | - | - | pookmark |